EDI
EDI
press to zoom

映画『ヴィレッジ』

現代日本の縮図を描いた、異色のサスペンス・エンタテインメント!《2023年全国公開予定》

本作はとある日本の集落・霞門村(かもんむら)を舞台に、母親が抱える借金の返済に追われながら行き場のない苦悩を抱える片山優の姿を描いたヒューマンサスペンス。神秘的な薪能の儀式が行われる近くの山には、巨大なゴミの最終処分場がそびえ立つ。村のゴミ処理施設で働く優は、過去のある事件によって周囲にさげすまれながら、もっとも憎むべき相手の下で不法な労働に手を染めていた。しかし優の人生は、幼なじみの美咲が東京から戻ったことをきっかけに大きく動き出す。

企画・製作・エグゼクティブプロデューサーは「新聞記者」「ヤクザと家族 The Family」「空白」などを手がけてきたスターサンズの河村光庸。河村から「村社会」というテーマを与えられた藤井が脚本を執筆したオリジナル映画となる。

藤井と通算5度目のタッグを組んだ横浜は「監督が何度も何度も書き直しされていた、愛のある最高な脚本です。日々の辛い状況から逃げたくても逃げられない。我慢しか出来ない青年を生き、身も心も削られましたが、彼の変化を楽しみにしていただきたいです」とコメント。藤井は「事なかれ主義、同調圧力、慣例や秩序。とても難しい題材でしたが、今、僕らの周りに起きていること、感じたことを気負わずに書きました。横浜流星という俳優の進化と、素晴らしいキャスト、スタッフの技が詰まった観たことのない映画になっていると思います」と語っている。

「ヴィレッジ」は2023年に全国で公開。